記事の追記の書き方

すでにサイトにアップされた記事の追記について紹介いたします。

すでに作成済みの記事に、新しい見出しをこちらで指定してお渡しするので、その見出しの内容に沿って記事を書いていただきます。

 

新しい「見出し」をお渡しします

すでに作成済みでサイトにアップされている記事に追記をすることで、Googleからの評価が上がることがあるので、記事に追記をお願いいたします。

たとえば・・・

すでにサイトにアップされた記事

見出し1

・・・・・・・・・・・

見出し2

・・・・・・・・・・・

見出し3

・・・・・・・・・・・

見出し4

・・・・・・・・・・・

まとめ

・・・・・・・・・・・

というような場合に、新しく「見出し4」の後に「見出し5」を追記するようなケースです。

 

追記された記事

見出し1

・・・・・・・・・・・

見出し2

・・・・・・・・・・・

見出し3

・・・・・・・・・・・

見出し4

・・・・・・・・・・・

見出し5←追記

・・・・・・・・・・・

まとめ

・・・・・・・・・・・

今回の例は、追記するのは「見出し5」でしたが、場合によっては「見出し3」と「見出し4」の間に新しい見出しを入れたりすることもあります。

どこにどのような見出しをいれるのかは、こちらで考えてお渡しいたしますのでご安心ください。

 

 

追記の作成方法

追記の依頼の場合は、以下の2つの情報をお渡しいたします。

  1. 追記してほしい記事
  2. どこにどんな見出しを入れるか

 

こちらで作成した「見出し」をお渡しするので、その見出しについてGoogleやTwitterで調べた情報を記事にしていただきます。

追記の見出しについては、1つの見出しに400文字~600文字ぐらいを目安に作成してください。

 

前後の記事の内容を調整する

新しく作成した見出しの内容と、すでに書かれている記事の内容が一部かぶってしまうことがあります。

その場合は、記事全体を通じて、内容がかぶらないように修正していきましょう。

 

追記を行った後に記事全体として、違和感なく読めるかどうかを確認して最後に微調整をしてください。

よろしくお願いいたします!

 

Copyright© 記事の書き方のご案内 , 2020 All Rights Reserved.